2chのニューススレまとめていこうと思います
xxSEARCHxx
プロフィール

Author:Swen
Since 2010.10.28
ニューススレ色々まとめていこうと思います。相互リンク・RSS募集しております。
当ブログについて

 はてなブックマーク -
最新記事
人気記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
matome 2ch
カウンター


リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By 画RSS

スポンサーサイト 

 はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

【政治】 櫻井よしこ氏 「中国は25年前まで首相の靖国参拝を批判していなかった!」 

 はてなブックマーク - 【政治】 櫻井よしこ氏 「中国は25年前まで首相の靖国参拝を批判していなかった!」 あとで読む
2011/01/03 22:00/Mon
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1293697258/

1 :影の軍団ρ ★:2010/12/30(木) 17:20:58 ID:???0
尖閣問題を受けた世論調査では、現在の日中関係を「悪い」と回答した人が実に90%にのぼり、
87%の人が中国を「信頼できない」とした。ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、
中国の「嘘と裏切り」が、その軍事力・経済力の成長と密接に関係していると指摘する。

今でこそ日本の軍事力強化に激しく反対する中国ですが、1978年に日中友好条約を締結した当時は、
ソ連の脅威を受けて、日本に軍事力強化を求めていました。

1980年に訪中した中曽根康弘氏に対し、中国人民解放軍の幹部は、
軍事予算をGNP比2%に倍増するよう要求していたほどです。

しかし、1980年代前半にソ連の力が衰え、米ソ対立のなかで中国がソ連を恐れなくてもいい状況になると、
中国の態度は一変しました。日本から多額のODA受け取りながら、一方では日本の国際的な地位を貶め、
軍事的にも心理的にも圧力をかける戦略をとり始めたのです。

そのひとつが靖国参拝批判です。靖国神社がいわゆるA級戦犯を合祀したことが公になったのは1979年。
それ以降、当時の鈴木善幸首相らが参拝しても、中国は一言も批判していませんでした。
ところが、1985年以降、中国が突然、抗議を始めたのです。

それについて、2005年11月、外国特派員協会で会見した王毅駐日大使(当時)は、
200名以上の記者らを前にこう語りました。

「中国の立場ですね、継続性のあるもので、変わっておりません。
1985年、このことですね。A級戦犯が祀られていることが公になってから、我々も反対の立場を貫いてきました」

もちろん「85年に公になった」というのも、「貫いてきた」というのも嘘です。
情けないのはその場に居合わせた日本メディアの記者たちで、明らかな事実歪曲をまったく指摘しませんでした。 
結果、王毅氏の発言はそのまま海外に流れてしまいました。

中国の嘘に嘘を重ねる手法に、きちんと反論するどころか、日本側が自ら騙されるような愚もありました。
東シナ海のガス田開発問題は、その典型です。

http://www.news-postseven.com/archives/20101230_8590.html
>>2以降へ続く


2 :影の軍団ρ ★:2010/12/30(木) 17:21:12 ID:???0
中国は1992年に領海法を制定すると、すぐに東シナ海に鉱区を設定し、
国際法を無視して日本の排他的経済水域での資源調査を始めました。

当然、海上保安庁や海上自衛隊は危機感をつのらせましたが、驚くべきことに
森政権時代の2000年、当時の河野洋平外相は、中国側に「事前通報制」を提唱したのです。

通報すれば調査を是とするもので、事実上自由行動を許したに等しい内容でした。
しかも中国はそれさえも無視し、通報もなく堂々と資源調査を行なうようになっています。

一方の日本政府は、長年にわたって資源調査の申請をしてきた日本の企業に対して、
日中関係に摩擦が生ずるとの理由で許可しませんでした。

自分たちだけが四角四面に、もっと言えば馬鹿正直にルールを守り、
相手のルール破りには一切目をつぶってきたのです。
 
そして中国は2008年の日中共同開発の合意さえ無視し、ついにガス田「白樺」の掘削を開始したと見られます。
この状況を導いた外務省と親中国派の政治家の責任は、極めて重いと言わざるをえません。

7 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:24:46 ID:EZ58UdYiP
中曽根のバカのせいでしょ、こうなっちゃったのは


8 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:25:01 ID:09na/geL0
>>1
イミフすぎる
国交が無かったからじゃねぇの



20 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:31:03 ID:82AEcUqh0
>>8

えっ?


25 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:34:27 ID:NC+MKZDX0
>>8
ゆとりすげーなオイ


9 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:25:31 ID:Fw/95EHj0
村山談話、河野談話とか弱み見せたからじゃないの


13 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:26:56 ID:dkYkI9nYP
>1
【政治】麻生首相に物申す「ふがいなさを、だれよりも深く肝に銘じよ。名誉挽回に死力を尽くせ」…櫻井よしこ
http://tsushima.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1250121397/

8月15日、麻生首相も鳩山代表も靖国神社には参拝しないらしい。首相の言い分は「国家のために
尊い命を捧(ささ)げた人たちを政争の具にするのは間違っている。(靖国神社は)政治やマスコミの
騒ぎから最も遠くにおかれてしかるべきもの。もっと静かに祈る場所だ」というものだ。
 本気であろうか。靖国神社参拝は長年「政争の具」にされてきた。中国が靖国参拝を日本抑圧の
切り札とし、切り札を突きつけられた日本側が砕け続けてきた。政争の具にしないためには、まずこの
構図を打ち破り、靖国参拝を巡る状況を正常化することだ。日本の首相が「国家のために尊い命を
捧げた人たち」を慰霊するのに、外国政府に言われてとりやめるという異常からの脱出が正常化への
第一歩だと気づき、熱い心をもって全力で臨まなければならない。そのこともなしに参拝を避ける
としたら、それは、無気力の極みである。異常を是として、異常を継続することにほかならない。
(略)
だが、首相が国民に語りかけていることのほとんどが金銭、物質に関する事柄でしかない。国家の
基本的な問題点、たとえば安全保障、増大する中国の脅威、激変する米国外交こそを訴えるべき時、
バラ撒(ま)きから透視される有権者への迎合こそ見苦しい。首相は日本の最も深刻な欠陥である
安全保障の不備に関して、集団的自衛権さえも打ち出せていない。
(略)
だが、首相は集団的自衛権の解釈を変更するどころか、その件に触れることもなく、選挙に臨もうと
している。首相は祖父と同じ間違いを犯し、後世に憂いを残すのか。
 そのうえ、「静かに祈る場所」と言って、靖国神社には近づかないのか。静かな祈りは口実か。「保守」
の首相のそんな祈りを英霊たちは喜びはしないだろう。
(略)
 こうしてみると、民主党の政策には多くの疑問符をつけなければならない。だが、麻生首相のふがいなさ
ゆえに、自民党に期待することも難しいのだ。そのふがいなさを、首相はいま、だれよりも深く肝に銘じよ。
名誉挽回(ばんかい)に死力を尽くせ。


14 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:28:15 ID:l1UP9e0UO
たきつけたのは左翼


15 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:28:40 ID:3VNONgMC0
朝日がわざわざアジアに波風立てたんだろ。
マジで左翼は酷いね。


26 :シャイニングガンダム:2010/12/30(木) 17:35:08 ID:cM0q/GVFO
>>14>>15
『あらゆる手段で日本政府と皇室を滅ぼしたら、外国の支援を受けつつ人民を指導する』という、冷戦末期に遭遇した極左の兄ちゃんの思想に基づけば間違ってない。


19 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:30:49 ID:DtkrYUnrO
こうやって中国に圧力かけられても
政府がヘタレて既成事実かけられたりしても何も反論できんだろな
尖閣諸島も知らない間に乗っ取られるわ


21 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:31:14 ID:cpSfcNnJ0
普通すぎてな・・・。こんな事が記事になるほうが異常なんだよな。
批判してなかったのは事実だし、慰安婦問題とかも戦後随分たってから。

ちなみに麻生はクリスチャンだし、8月15日に参るのは神道として正しいものでもない。

問題点はただ一つで海外がとやかく言ってくる事だよ。


24 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:34:14 ID:smJmgTiP0
尖閣もそうだが、その後の韓国船に衝突転覆した時の
言い方を見て見てろよ
あいつら自分達に非があってもずけずけと言うからな
何にしても反論するべし
いつまでも大人しくしてる必要はないんだよ
口を噤んでるってのは無能といってるようなもんだ



29 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:37:27 ID:99b9RNEGO
櫻井よし子は90年代から一貫してこういう事言ってるから信用出来る


40 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:43:48 ID:YHRohx2S0
>>29
むしろ、調べると右翼の言っていることは80年代に今の形がほぼできていて
同じことを30年近くしゃべっているだけ


46 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:57:34 ID:qZC/B3P60
>>40
その間日本は何も変わってないんだら当たり前
40年前に三島由紀夫が主張していた内容も現在にそのまま当てはまる


33 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:39:54 ID:KEpK5kQt0
もう聞き飽きてきたぞ・・・
この人の言うことはもっともだけど
マスメディア乗っ取るなりして関心の低い層を扇動して
実現できそうな人間を当選させ、さらに政権を支える報道しまくるとかしないと
正論言うだけではなにも変わらない気がしてきた
デモも増えてきたけど報道されなきゃやっぱ効果薄い



36 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:41:23 ID:apDCRVq10
>>33
逆説的だが、だからこそ訴えなきゃいけないし
デモもしなきゃいけないんじゃないか


41 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:44:04 ID:ctmWOODZO
>>33
それだけバカな日本人が多いって事なんだよな。
やっぱ国を変えるには教育からだわ。


51 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 18:10:33 ID:KEpK5kQt0
>>36
確かに継続は力なりと言うけど・・・一歩足りとも前進してないように思う
賛否両論ある内容だけどずーっとどちらも同じことを言ってる

>>41
バカというのとはちょっと違うと思うんだ
人それぞれ優先すべきことは違うし、興味のあることも違うから
ネットが普及しようともそういう人は調べないだろうし
やっぱ垂れ流しのマスメディアは強いね


42 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:45:09 ID:Fw/95EHj0
南京って首都だったんだろ
そこ簡単に落とされたからたまらんよな
プライド取り戻そうとしてるんだ
中国がこういうの言い続けてたら
たぶん日本でも中国が戦勝国だと思っている人いるだろ



45 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 17:47:24 ID:WY8ww8/80
>>42
首都以前にそもそも、一国の体を成してなかったがな。


48 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 18:05:24 ID:5kaHRCLA0
>1
今頃っすか?言い出すのが遅過ぎでしょう。
あんたとか西部邁とかが、思い通りにならない自民党批判に明け暮れて
左翼マスゴミを放置してきたツケが今の有様だろうに。


49 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 18:06:56 ID:R0/iAzip0
25年前まで批判しなかったからと言って
靖国参拝を肯定したわけじゃないよね


50 :名無しさん@十一周年:2010/12/30(木) 18:10:00 ID:T7IlsMCc0
『週刊新潮』 2005年4月28日号
「朝日」が立派に育てた中国「反日暴徒」
「靖国参拝」も「教科書問題」も、火付け役は朝日新聞だった

 おそらく、中国の反日デモを目の当たりにした朝日新聞の胸中には複雑な思いが去来した
に違いない。日本大使館に石を投げる人民の主張は、朝日が口を酸っぱくして繰り返した
「歴史認識」とすっかり重なっていたからだ。ならば、胸を張るがいい。中国共産党と力
を合わせて種を蒔き、水をやった努力が今、「反日暴徒」の実を結んだのである。
 ジャーナリストの水間政憲氏が解説する。「そもそも、日中間で政治問題化した歴史認識
問題、つまり靖国参拝や教科書などを記事で大きく取り上げて、中国で火がつくように
仕組んだのは朝日新聞でした。
 朝日が大きく報道し、中国政府がそれに反応して大騒ぎする。この構図の中で、中国は、
国民に根強い反日感情を植え付けてきたのです。つまりここ3週間に起きたデモは、朝日
が繰り返し、日本は誤った歴史認識を持っていると報じた結果、若者達に高じた反日感情
がベースで、朝日のとった親中路線を進めた結果の出来事なのです。」
 朝日新聞が編み出したのが、中国共産党と″一心同体〝となった「御注進ジャーナリズム」
と呼ばれる手法だった。OBの稲垣氏が説明する。「御注進ジャーナリズムとは、中国が
反発すると予想できることを、朝日が大々的に報じて、中国政府に反発という反応をさせ、
また、その反応を大々的に報じて増幅させる手法です。私は朝日は親中というよりも、
中国に媚びている″媚中〝だと思っていますが、この媚中メディアの書くことは外交
カードになるということを中国に知らせてしまった罪は大きかったのです。」

【捏造】朝日新聞がでっち上げた従軍慰安婦
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/history2/1292374130/
CATEGORY:政治 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://swenews.blog77.fc2.com/tb.php/295-c84c314a

コメントの投稿














xx HOME xx

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。