2chのニューススレまとめていこうと思います
xxSEARCHxx
プロフィール

Swen

Author:Swen
Since 2010.10.28
ニューススレ色々まとめていこうと思います。相互リンク・RSS募集しております。
当ブログについて

 はてなブックマーク -
最新記事
人気記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
matome 2ch
カウンター


リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By 画RSS

スポンサーサイト 

 はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

【性科学】体格のいい男児、思春期の到来も早い 

 はてなブックマーク - 【性科学】体格のいい男児、思春期の到来も早い あとで読む
2010/10/30 14:39/Sat
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1284473725/

1 :一般人φ ★:2010/09/14(火) 23:15:25 ID:???
体重の増加が速い男の赤ちゃんはその後の成長も速く、成長後の性交渉の相手も多いという最新の研究が発表された。
従来の研究では、すべての新生児の男子が短期間で成人と同じ強度のテストステロンを急増させることがわかっている。
しかし研究チームは栄養の摂取が、男性の性的発育に関わるホルモンに影響を及ぼすのではないかと考えた。

 研究チームが1983年から約800人のフィリピン人男性を出生から20~22歳までの期間に渡って調査したところ、
きわめて一貫性の高い結果が得られた。新生児の頃に十分に食事を与えられ、したがって体重の増加が速かった男性は、
小児期から思春期への移行も早く、そのため性交渉を他の男性よりも早く始め、生涯を通じて性交渉の相手も他の男性より多いことがわかった。

2005年の調査の時点では、新生児の頃に成長が速かった男性は性交渉の相手が平均3.2人いたが、
成長の遅かった男性の性交渉相手の平均人数は1.7人だった。
また、成長の速い男性はテストステロンの量も多く、他の男性に比べて背が高く筋肉質で握力が強いなどの特徴が見られた。

 この研究では約700人の女性も調査したが、幼児期にテストステロンが急増せず、幼児期の成長の速さと思春期が到達する時期に関連性はなかった。

 アメリカ、イリノイ州にあるノースウェスタン大学の人類学者で研究を率いたクリストファー・クザワ氏は次のように話す。
「この研究は、私たちの運命が生まれつき決まっているのではないことを示す新たな証拠となる。
遺伝子の影響は無視できないが、単純に遺伝子だけの問題ではないことの十分な証拠だと思う」。



>>2に続く


4 :一般人φ ★:2010/09/14(火) 23:24:53 ID:???
背が高く力が強ければ、生殖の上で他のオスよりもある程度優位に立てるため、
早熟である方が進化において有利になる可能性があるとクザワ氏は説明する。
例えばヒトの場合、背が高くて力の強い男性の方が女性にとって魅力的であることを示す科学的な証拠が存在する。
進化生物学では、テストステロンが増えることで生じるこのような特徴が、
丈夫な子を産めるかどうかを判別する手がかりになっているのではないかと考えられている。

 しかし、このような利点はコストも伴う。丈夫な体を維持するには多くのカロリーを摂取する必要があるが、
これは貧困に苦しむフィリピンの一部地域などでは難しい。

 そのためクザワ氏は、幼児期の栄養状態を体が“検知”し、それに合わせて成長するという仮説を立てている。
食糧が豊富にあれば男性はたくましい体を作る余裕があるが、食糧が不足した環境では「小柄な方が有利になる」とクザワ氏は指摘する

栄養の摂取と思春期の到来の早さとの関連性が示されたのは今回の研究が初めてであり、
他の国の新生児にも同様にあてはまると考えるのは時期尚早だと同氏は注意を促す。
しかし、栄養不足が発育に長期的な影響を与えるという考え方がこの研究でさらに裏付けられたという。
「子どもたちに十分な栄養を確実に摂取させること、これこそが優先されるべきだ」。

 この研究は「Proceedings of the National Academy of Sciences」誌オンライン版で2010年9月13日に公開された。

Christine Dell'Amore for National Geographic News September 14, 2010

------------------

▽記事引用元
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20100914002&expand#title

▽イメージ画像
http://www.nationalgeographic.co.jp/news/images/thumbs/babies-bulk-up-puberty-faster_25930_170.jpg
Photograph by J. Baylor Roberts, National Geographic


5 :一般人φ ★:2010/09/14(火) 23:32:11 ID:???
▽PNASの元記事
Rapid weight gain after birth predicts life history and reproductive strategy in Filipino males


3 :名無しのひみつ:2010/09/14(火) 23:22:52 ID:6X3JCIZK
初オナニーは幼稚園だ!

7 :名無しのひみつ:2010/09/15(水) 00:58:49 ID:BBc4VDVZ
だからあ、糞ジャップ狂倭国の戯言はもう良いっつうの!!!!


8 :名無しのひみつ:2010/09/15(水) 04:49:51 ID:iPNAgyuk
>>7
残念ながらフィリピンです


9 :名無しのひみつ:2010/09/15(水) 08:31:34 ID:uouUIZvl
平均値って、底上げしている奴がいるよな


16 :名無しのひみつ:2010/09/17(金) 07:04:44 ID:JhQqRTfg
>>9
底下げしてる奴もいるから大丈夫


13 :名無しのひみつ:2010/09/16(木) 05:12:31 ID:crKTfKoO
日本なんか幼少のときに十分栄養を摂取できる環境が揃っている家庭が多いけど
ニート・引き籠りなんかが多いからむしろ性交渉の経験すら無しが結構な人数いるわけだから
まったくあてにならんわな


17 :名無しのひみつ:2010/09/18(土) 20:45:55 ID:0V9I18Xm
早熟な奴ってチビが多くね?


20 :名無しのひみつ:2010/09/18(土) 22:39:55 ID:jtfM9paF
>>1
足の速い奴がチビに多いようにこれはあてにならん記事だ


21 :名無しのひみつ:2010/09/19(日) 15:27:32 ID:uL+J9CvW
思春期の到来が早ければ最終的には身長も体力も晩熟に負けるのでは


22 :名無しのひみつ:2010/09/19(日) 22:23:04 ID:o93LkGeC
>>21
だよな。


27 :名無しのひみつ:2010/10/29(金) 23:23:57 ID:CzDWP4qb
>>17 >>20-22
成長が早い→旧人 成長が遅い→新人だと思う。

成長が早い香具師は早く「大人」になっても、結局飽食の時代に生きているから小太りになるだけ。


23 :名無しのひみつ:2010/09/19(日) 22:34:25 ID:+jvP/OTR
ヒトもティラノサウルスもそうらしいけど、思春期になってグンと背が伸びるらしいね。

いっぽうで、性的成熟によって関節が固まってしまって、成長が止まるとも言われている。
性的成熟が早いことは身長の伸びにとって不利だとね。

なんとなく矛盾する感じがするんだけど。男の子は身長が女の子より高いのもね。
男性ホルモンが身長を伸ばしているとすれば、ね。



24 :名無しのひみつ:2010/10/29(金) 15:19:34 ID:DstzFzd/
長年女をやっていると、チラ見男は気配でわかるんだよ。

前から歩いてくる男が、
あ、こいつ絶対に私の事チラ見するって、ずっと相手の男の目を見ていると、すれ違う瞬間にこっちをチラッと見るんだよ。
だからその瞬間に 「キモッ」って言ってやるけどね。

全く男って、何で女性をチラ見するんだろうね。
気持ち悪いよ。


25 :名無しのひみつ:2010/10/29(金) 18:05:34 ID:ZxVkC9Qq
>>24
自意識過剰のババァだな。
お前みたいなババァは見ないからw



29 :ぴょん♂:2010/10/30(土) 00:08:34 ID:0+fh0ZAv ?2BP(1029)
漏れは体格がとても貧弱なので、春がとても遅いってことなの?w


30 :名無しのひみつ:2010/10/30(土) 07:30:34 ID:7S+WcB63
>>29
ツンドラ地域なんじゃね?

テストステロン―愛と暴力のホルモンテストステロン―愛と暴力のホルモン
ジェイムズ・M. ダブス メアリー・G. ダブス James McBride Dabbs

ホルモン力が人生を変える (小学館101新書 23) モチベーション・コントロール―勝てる男になる科学的手法 催眠恋愛術 ―女心を誘導する禁断のテクニック 影響力の武器[第二版]―なぜ、人は動かされるのか

by G-Tools
CATEGORY:科学 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://swenews.blog77.fc2.com/tb.php/52-45499717

コメントの投稿














xx HOME xx

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。