2chのニューススレまとめていこうと思います
xxSEARCHxx
プロフィール

Swen

Author:Swen
Since 2010.10.28
ニューススレ色々まとめていこうと思います。相互リンク・RSS募集しております。
当ブログについて

 はてなブックマーク -
最新記事
人気記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
matome 2ch
カウンター


リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
Powered By 画RSS

スポンサーサイト 

 はてなブックマーク - スポンサーサイト あとで読む
--/--/-- --:--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY:スポンサー広告 | CM(-) | TB(-) |

【医学】コラーゲンは小腸で分解、吸収を確認 回復促進のメカニズムの研究成果を発表 キューサイ 

 はてなブックマーク - 【医学】コラーゲンは小腸で分解、吸収を確認 回復促進のメカニズムの研究成果を発表 キューサイ あとで読む
2010/11/01 19:01/Mon
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1288544634/

1 :TOY_BOx@みそしるφ ★:2010/11/01(月) 02:03:54 ID:???
健康食品の「キューサイ」(福岡市中央区)は25日、コラーゲンの摂取と
吸収についての研究成果を発表する「コラーゲン研究最前線~健康食品の
摂取意義に関する科学的検証の試み~」を開き、コラーゲン含有食品が
小腸で分解され、軟骨や皮膚の回復促進につながっていることを報告した。

研究には、佐藤健司・京都府立大大学院教授と、小池達也大阪市立大
大学院准教授が参加。これまでのコラーゲンに関する研究は断片的なものが多く、
コラーゲンを直接食べても体内に吸収されず、肌や関節にいいという効果の
仕組みについても不明瞭で、厚生労働省の公式報告書でも、健康食品としての
有効性が懐疑的、という見方にとどまっていた。

今回の研究では、摂取から消化、吸収、体内輸送、細胞レベルでの作用、
長期継続摂取の効果を一連の研究として検証した。

佐藤教授は、コラーゲン含有食品は胃では消化されないが、小腸で低分子の
アミノ酸やペプチドに分解されることが、キューサイ独自の研究で確認されたと報告。
さらに、摂取後はコラーゲンにしか含まれないプロリルヒドロキシプロリン(Pro-Hyp)
と呼ばれる成分の血中濃度が上昇していることから、コラーゲンが体内に吸収されているとした。
吸収については、年齢による吸収量の差はなく、継続的に摂取しても吸収量は
低下しないことも確認したという。

体内輸送については、Pro-Hypが関節や皮膚に確実に運ばれ、関節にある軟骨の
ダメージの改善に働く軟骨細胞、皮膚が傷ついた際に増殖する線維芽細胞に
取り込まれていることを確認したとし、佐藤教授は「コラーゲン含有食品を摂取すると、
吸収されたPro-Hypが体内を循環しながら、関節、皮膚などのダメージを受けた場所
に集まり、軟骨細胞や線維芽細胞に作用し、回復を促進していると考えられる」と語った。

また、小池准教授は、ひざの痛みを訴える中高年の男女49人に対して、
コラーゲン含有食品を継続的に摂取することで、ひざの痛みと腰の痛み
それぞれで機能改善があるかをデータで示し、「腰痛に伴う歩行機能障害の
改善傾向を確認できた。コラーゲン含有食品は、運動器の複合的な
機能低下により歩行機能障害が起こる新たな国民病として注目される
『ロコモティブシンドローム』を予防する食品の候補になりうる」という見解を示した。

藤野孝社長は「コラーゲンの効果についての科学的な仕組みに関して、
かなり解明ができたことで、さらに自信を持って販売できる。
今後はもっと分かりやすい結果が出るように研究を続けていきたい」と語った。

▽記事引用元 : 毎日新聞デジタル 2010年10月25日 21時02分
 http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/20101025dog00m020038000c.html
コラーゲンの研究成果発表会に出席した藤野孝社長

 http://mainichi.jp/select/biz/bizbuz/news/images/20101025dog00m020036000p_size5.jpg

3 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:11:22 ID:No7CHSbD
そのままの形では吸収されないとは思っていたが
全く吸収されないなんて説もあったのか?



4 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:13:28 ID:nujYukdr
※ただしコラーゲンで儲ける会社の研究です


6 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:20:27 ID:k/8sRzhj
うそうそw友達の医者が、全く根拠が無いって言っていた。関節に関して言えば、直接患部に注入するのが間違いなくベストだと言っていた。


7 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:21:18 ID:IXGjTCVl
コラーゲンは一般のたんぱく質より
はるかにプロリンの含有量が多い、ってだけの話じゃないのか


9 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:22:51 ID:igLNG75Z
ヒドロキシプロリンというのは、確かに修飾アミノ酸だし普通のアミノ酸じゃないな。
これが、コラーゲンが必要な部位に集まりやすいという話しか。
それならありえるかもね。

ちょっと納得がいった。もちろん、本当かどうかは知らん。
どのくらいのJournalに出ているのかにもよるし。


10 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:23:30 ID:sfuOKgZs
アミノ価はゼロだぞ。


12 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:25:28 ID:M7MhaouB
解明されてるから、肌にいいって謳ってるのかと思ったよ…


水炊きサイコー!


15 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:28:35 ID:VJ2kNP2H
方や首ががちがちだったら意味なさそうだけどな。栄養流れていかないでしょ?


21 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:44:03 ID:9GwR2npb
>体内輸送については、Pro-Hypが関節や皮膚に確実に運ばれ、関節にある軟骨の
>ダメージの改善に働く軟骨細胞、皮膚が傷ついた際に増殖する線維芽細胞に
>取り込まれていることを確認したとし

どうやって確認したんだろう。蛍光標識とかラジオアイソトープ標識?


>また、小池准教授は、ひざの痛みを訴える中高年の男女49人に対して、
>コラーゲン含有食品を継続的に摂取することで、ひざの痛みと腰の痛み
>それぞれで機能改善があるかをデータで示し、「腰痛に伴う歩行機能障害の
>改善傾向を確認できた。

ちゃんと二重盲検法使ったのか?


26 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 02:46:53 ID:CtVVSoHR
これ普通のタンパク質摂取との比較データを
徹底的に出してもらわないとまだ信用できないな
コラーゲンを摂取しても意味が無いなんて言ってる奴は皆無で、
「特別に有効である」という主張に疑義が挟まれてるだけなんだから


35 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:19:15 ID:Y+rqd5Kh
>>26
そういう比較もした方が良いかもな。
ただ、コラーゲン摂取が無意味と言っていた人はたまに見かけたけどな。


36 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:19:35 ID:nRp/09wu
>「特別に有効である」という主張に疑義が挟まれてるだけなんだから

その疑義に対する答えなんだが(正誤は知らんけど)
君の「コラーゲンには特別な効果があると思ってる奴は馬鹿」という信念を守る為にとにかく噛み付いてみるって行動は
コラーゲン信者よりも馬鹿に見えるよ


40 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:33:37 ID:tyZBL6r2
>>36
だから、他のたんぱく質とコラーゲンの摂取との間でどれだ特別な差があるの?って話だろ。
食いもんなんて採ってりゃ身体にいいなんてことは当たり前のことなんだからな。


34 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:16:29 ID:Y+rqd5Kh
なるほど。
これでコラーゲン摂取は無意味では無い事が分かった訳だ。
まあサプリは他の安全性とかも考慮した方が良いと思うが。


38 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:30:26 ID:BFCmaeJg
似たようなニュースは前もなかったっけ?
ヒドロキシプロリンが繊維芽細胞を活性化させる「可能性はある」ていう話

>体内輸送については、Pro-Hypが関節や皮膚に確実に運ばれ、関節にある
>軟骨の ダメージの改善に働く軟骨細胞、皮膚が傷ついた際に増殖する
>線維芽細胞に 取り込まれていることを確認したとし

むしろこれがどの程度の効果があるのかということの方が大事だと思うけど
コラーゲン食べればコラーゲンペプチドは増えて当たり前だし
プロリン自体は必須アミノ酸でもなんでもないんだから


39 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:31:09 ID:X9xeqQzJ
プロリルヒドロキシプロリンとやらが意味があるのかどうかこの記事じゃよくわからん
意味があるとしても、コラーゲンじゃなくて
直接プロリルヒドロキシプロリンを摂取はできないのか、という疑問もわく


42 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:38:46 ID:S2qguNe/
> 吸収されたPro-Hypが体内を循環しながら、関節、皮膚などのダメージを受けた場所
> に集まり、軟骨細胞や線維芽細胞に作用し、回復を促進していると考えられる」と語った。

ヒドロキシプロリンは新たなタンパク質(コラーゲン等)合成には使えないみたいだね
tRNAと結合できないか、リボソームに取り込まれないか、なのだろう
コラーゲンのプロリンも、タンパク質ができた後で翻訳語修飾としてヒドロキシル化されてるし

「作用し」とはズルい言いまわしだな



46 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:53:20 ID:BFCmaeJg
>>42
>「作用し」とはズルい言いまわしだな

薬理学の教科書とかにもたまに出てくる言い回しだね
ようするによく分かってはいないというw
まあ完全にはわかんなくてもコストに見合うだけの有意な効果が
あればいいんだけど。これはどうだかねえ


45 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:49:51 ID:96R7Czi3
青学の福岡伸一先生は
「コラーゲンの摂取は無意味。全く吸収されなく効果ゼロ」と
言っていたが、どっちがホントなんだろうか?



47 :名無しのひみつ:2010/11/01(月) 03:59:31 ID:BFCmaeJg
>>45
「コラーゲンとしては吸収されない」という意味なんでしょ
全く消化されずにウンコになって出てしまうなんてことはどう考えてもありえんし
たんぱく質の塊なんだから

コラーゲンの話―健康と美をまもる高分子 (中公新書)コラーゲンの話―健康と美をまもる高分子 (中公新書)
大崎 茂芳

コラーゲン物語 (科学のとびら) がんばらない (集英社文庫) タンパク質の一生―生命活動の舞台裏 (岩波新書) クモの糸の秘密 (岩波ジュニア新書) 人類の足跡10万年全史

by G-Tools
CATEGORY:科学 | CM(0) | TB(0) |
xx HOME xx
トラックバックURL
→http://swenews.blog77.fc2.com/tb.php/88-fdc31ff6

コメントの投稿














xx HOME xx

ブログパーツ アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。